【申請しないと損!】不動産取得税は減額できる【申請方法】

みなさん、不動産取得税ってご存知ですか?
名前の通り、不動産を取得した場合に発生する税金で、新築・中古問わず支払いの必要があります。

 

消費税だけでも高額なのにさらに税金とるんかい・・・

でも安心してください!この不動産取得税には軽減措置があります!
この記事では不動産取得税の軽減措置を受ける方法と、我が家がどれくらい軽減されたのか記載しています。

目次

不動産取得税って?

土地や建物を取得した場合に発生する地方税。
固定資産税とは異なり、取得時に1度だけ支払います。
この取得とは、売買・贈与・新築・増築などを指します。住宅を購入した方はほぼ全ての方が対象になるのではないでしょうか?

軽減措置の対象と金額

軽減措置を受けるための条件と軽減される額についてはこちらの記事にまとめていますのでご覧ください。
1つの記事にまとめるには長くなってしまったので….。

 

我が家の支払い額は約6万円でした!

支払いの時期

不動産を取得してから6ヶ月〜1年6ヶ月ほどで不動産取得税の納税通知書が届きます。
共同名義で取得した場合は、名義人どちらにも通知書が送付されます。

 

我が家の場合は夫宛に納税書が、私宛に確認書類が届きました。

軽減措置を受けるには

簡単な手続きで軽減措置を受けることができます!
また、不動産を取得してから5年以内であれば申請可能ですので、もう満額支払っちゃったよ〜という方も安心してくださいね!申請すればいくらか戻ってくるかも知れませんよ (^-^)

手続きとは、書類を提出するだけ!

我が家に届いた通知書には軽減措置についての詳細と必要書類の案内が同封されていました。
これは各県によって異なるかもしれませんので、案内がない場合は管轄の税事務所へ電話してみてください。
我が家が提出に必要だった書類は以下の通りです。

申請に必要な書類

・不動産取得税申告書
・不動産取得税減額申告書
・家屋の登記事項証明書(原本)
・不動産取得税の納税通知書
・印鑑
・土地の登記全部事項証明書
・長期優良住宅の認定通知書
・マイナンバー確認書類

上の2つは県税事務所で貰えます。
あとはみなさんご自宅で保管している書類ばかりではないでしょうか?

我が家は納税通知書が届いたときには売却したあとだったのですが、1度不動産を取得しているので支払い義務は変わらず発生するそうです(T_T)

\自宅を売却した話はこちら/

もちろん重要書類は買主さんに渡しているので我が家にはありません。
登記関係の書類は法務局で発行、長期優良住宅の書類は仲介業者がコピーを持っていたので送っていただきました。

 

最悪、買主さんにコピーもらわないといけないところだった…きまず。

必要書類をそろえて県税事務所に申請に行きました。
その場で職員さんに再計算してもらった結果、

6万円 ⇒ 0円に!!

書類提出だけで…申請しないと損です!

まとめ

我が家の6万円ってきっと少額な部類だと思うのですが、いくらであっても軽減されるならうれしいもんです。

 

ましてや住んでない家の税金払うなんて恐ろしい…

また、一度支払った後でも5年以内であれば申請して還付を受けることができますが、できれば納税期限内に申請をしたほうがラクです!

納税通知書が届いたらぜひ軽減措置の申請を行いましょう♪

最後までご覧いただきありがとうございました。

\ ポチッとしてくれると嬉しいです /
     ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる