【新築・築浅向け】売却方法まとめ

こんにちは!今回はおうちの売却方法についてのお話です。
この記事では新築・築浅の物件を売りたい人に向けて私が調べたことや実際に聞いたことをまとめたいと思います!
我が家が実際におうちを売却した話はこちらをご覧ください。

まず家を売る際に決めなければいけないのは、売却方法です。以下の2つがあります。

目次

2種類の売却方法

1.仲介・・仲介業者に間に入ってもらい、買主を探します。
2.買取・・不動産会社に買い取ってもらいます。

2の買取は上記の通り不動産会社に買い取ってもらうためすぐに売ることができますが、不動産会社は買い取った住宅をさらに売りに出して利益を得るため、買取価格が希望額を下回るのが一般的なのです。
新築の場合住宅ローンはまだまだ残っているでしょうから、買取はオススメできません。

 

ローンがあまり残っていない中古物件や、
どうしても早く売ってしまいたいひとには向いているのかも

とはいえ、築年数やおうちの大きさ、周辺施設が充実している・駅チカなど、条件次第で価格は大きく変わるはずです。

一方で仲介は売主が決めた価格で売りに出します。
その値段で買いたいという人さえいれば希望価格での売却が可能です。
しかしながら、いつ売れるかわからないというリスクもあります。買い手が見つからない場合は値下げも必要になるでしょう。

 

売却のタイミングや価格の見極めが大切!!

高く売れるに越したことはないですが、スムーズに売却活動を終えるためにも適正価格を見極めることが大切です。
そして適正価格を知るのに一番手っ取り早いのは査定に出すことです。

不動産サイトを利用して近所で売りに出されている住宅の価格を確認することもできますが、
近所のおうちとあなたのおうちは全く同じではないはずです。
参考程度にしかならないので、きちんとあなたのおうちの査定を出してもらうことをオススメします。

さて、売却方法には仲介と買取の2種類あるとご説明しましたが、
今回は新築・築浅物件向けの記事ですので、仲介についてさらにまとめていきます_φ(・_・

仲介契約はさらに3種類

1.一般媒介
2.専任媒介 ←我が家はこれで契約
3.専属専任媒介

1.一般媒介契約

一般媒介契約の特徴は、複数の仲介業者に同時に依頼できること。
単純に、買い手を探してくれる業者が多い方がいろんなひとに物件情報を見てもらえるので早く契約にたどり着きそうですね!
ちなみに、自分で買い手を探しても大丈夫です。
そして仲介手数料ですが、成約を達成した仲介業者にしか支払いません。他の業者には、物件情報の掲載や内見案内をしたとしても成約に至らなければ手数料は発生しませんので安心です。

2.専任媒介契約

専任媒介契約は一般媒介契約と違い、1つの仲介業者にしか依頼できません
ただし、自分で買い手を探すのはOK。
業者としては、ライバルの多い一般媒介契約よりもこちらを進めてくるところが多いようです。専任媒介契約を結ぶことを条件に仲介手数料を安くしてもらうことも可能です。

 

我が家が契約したのはこちら。理由は後述します。

3.専属専任媒介契約

こちらも1つの仲介業者にしか依頼できません。さらに、自分で買い手を探すこともできません。
2つめの専任媒介契約をもっと厳しくした内容ですね。

その代わりに業者へ義務付けられている活動状況の報告頻度があがるようです。
個人的にはあまりメリットを感じないですね…

専任媒介契約を選んだ理由

1番の理由は、仲介手数料の値引きです!
上でも書いたように我が家も「専任媒介契約を結んでくれるなら仲介手数料を半額にします」と提案を受けました。
そして依頼する業者が1社で済むので、複数の業者とやりとりしなくていいというのも地味に嬉しいポイントでした。

仲介手数料について

仲介手数料は上限が以下の通りに決まっています。

仲介手数料の上限

①200万円以下・・・取引額の5%
②200万円超〜400万円以下・・・取引額の4%+2万円
③400万円超・・・取引額の3%+6万円

 

ほとんどは③に該当するかと思います。

3,000万で売れたとしたら3%+6万円だから96万円が手数料!!
かなり高額です。
規定されているのはあくまで上限ですので、交渉次第ではもっと抑えることも可能です!
我が家が提案されたのは、ここから半額になるというものです。

仲介業者は変更OK

一度業者と契約を結んだとしても、変更は可能です。
専任媒介・専属専任媒介は3ヶ月更新、一般媒介は業者によりますがほとんどの場合3ヶ月ごとの更新になりますので、相性が悪いな、あまり熱心に動いてくれないなと感じたら契約は更新せずに業者を変更することも考えてみてください。

実際の売却活動の内容は?

我が家が専任媒介契約を結んでから売却が決まるまでの詳細をこちらの記事にまとめていますのでよければご覧ください。

最後までご覧いただきありがとうございました。
それでは。

\ ポチッとしてくれると嬉しいです /
     ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる